commune Press

【注】@yahoo.co.jp,@gmail.com,@hotmail.comは迷惑メールに振り分けられることがあります。ご注文後「ご注文確認メール」が届かない場合は一度迷惑メールをご確認ください。@docomo.ne.jp,@ezweb.ne.jp,@vodafone.ne.jpはPCメール受信設定をONにしてください。
  • 『Rosa Mariposa』- Lilian Martinez (bfgf)
    『Rosa Mariposa』- Lilian Martinez (bfgf)
    1,620円
    世界中に多くのファンをもち、見る人触れる人を一瞬にして虜にしてしまう L.A.のブランド「bfgf」のファウンダー / アーティスト リリアン・マルティネスの個展『Rosa Mariposa』(2019.4.27 - 5.26)で披露された作品を中心に収録した作品集。32ページ、フルカラー、B5サイズ、commune Pressより。
  • 『GIGAMAKU』- Antwan Horfee
    『GIGAMAKU』- Antwan Horfee
    2,160円
    グラフィティーアートから現代美術界へと殴り込むフランス パリ在住の奇才 Antwan Horfee(アントワン・オルフィー)。パリの現代美術館 Palais de Tokyo (パレ・ド・トーキョー)での『GIGAMAKU』展(2019/2/20〜5/12)の図録的アートブックが遂に完成です。粘土で立体を制作し、その後、最新のスキャン技術で3D化されたサイケデリックなVR作品をあらゆる側面から収録した本作。実際の体験画面はもちろん、元となった模型や自身の作品、そしてイメージを補完する様々なジャンルのサンプリングによって眼前に新たな「GIGAMAKU」ワールドが広がります。全68ページ。B5サイズ、帯付き、カラー、初版300部、commune Pressより。
  • 『TWO』- Dan Gluibizzi
    『TWO』- Dan Gluibizzi
    2,160円
    世界各地で展示を開催し、アート/カルチャーマガジン Juxtapoz Magazineで特集が組まれるなど脚光を浴びるアメリカ ポートランド在住のアーティスト Dan Gluibizzi(ダン・グルイビッチ)。2017年にリリースし即完売したzine "ORBS"に続く、待望の作品集が日本初個展(2019/3/23〜4/21)にあわせてリリースされました。まるでパズルのピースを探り当てるかのように、男女の絵を組み合わせて豊かな構図を作り出し、さらに彼独特の描線、模写、そして淡い色合いを用いて、ありふれた日常を魅力的かつ官能的なものへと昇華させた作品が詰まった全102ページ。B5サイズ、箔押し(表紙)、カラー、初版500部、commune Pressより。
  • Art Book『WELCOME TO THE DOLLHOUSE』- ancco
    Art Book『WELCOME TO THE DOLLHOUSE』- ancco
    2,160円
    GINZA WEB Beautyページのビジュアル、どついたるねんやシャムキャッツのマーチャンダイズへの作品提供、最近では中国 北京のシューズブランド「HolyRape」とのコラボレーションで国内外問わずカルト的人気を博する東京在住のアーティスト anccoによる初のアートブックがついに完成。海外のビジュアルブックやビンテージトイなど様々な要素からインスパイアされた"Bath"、"Bear Factory"、"Fashion"、"School"、"Twin Hotel"、"Peach"、"Puppy Sports"と題された一見キュートでありながら、時に残酷、時にエロティックな世界が広がる常人の理解を超えた独特すぎる作品群をリソプリントの味わいと共にお楽しみください。リリース延期から約半年…拘り抜いた傑作です。28ページ、B5サイズ、4カラーリソプリント、初版300部。commune Pressより。
  • 『MONSTERA』- Rob Cordiner
    『MONSTERA』- Rob Cordiner
    2,160円
    Ed Davis(BRAIN DEAD)や写真家のTodd Jordanと運営するHeavy Time Booksのメンバーでメルボルン在住アーティスト Rob Cordinerによるアートブック「MONSTERA」。2018年7月、Carhartt WIPとBRAIN DEADのコラボレーションコレクション発表時にリリースされた交流のある世界中のアーティストによるアートワークを収録した「Brain Dead Index Vol. 01」にも参加したRob。そこに少しだけ収録されたあのタイヤのアートワーク、、その拡大版が今回の「MONSTERA」なのです!Robの好きなトミカのタイヤの上に見憶えのあるあれやこれやをひたすら載せまくった96ページに及ぶ大ボリュームの一冊。意味を考える前にとにかく感じて下さい。Don't think. Feel! 

    モノクロオフセットプリント / 96ページ / 210 × 297mm / 初版200部
  • 写真集『ORB』- 池野詩織
    写真集『ORB』- 池野詩織
    3,240円
    Ollie magazineで写真の連載がスタートするなどますます絶好調な写真家 池野詩織の初めてのハードカバー写真集『オーヴ』。
    池野曰く、タイトルの「オーヴ」とは球体を示す”Orb”や心霊写真に写るとされる玉響(たまゆら)現象の”オーブ”、LOVE(ラヴ)など様々なものを掛けた造語で3年前に突然降りてきた言葉とのこと。幼少期にTVの心霊写真特集を好んで観ていたという彼女は、やがて自らが写真を撮るようになってからも、目に見えない何かが偶発的に写り込むことを楽しむようになっていったといいます。
    彷徨う熱を追い掛けるようにシャッターを切り続ける中で、日常の偶発的違和感、SF的またはホラー的といってもいいような要素を帯びた作品群が収録された写真集「オーヴ」。その違和感からか、ページを捲る度にまるでどこかの見知らぬ惑星に降り立って旅しているような感覚になり、あの犬も猫も、あの少年も実はエイリアンなのではないか?といった「They Live」的思考をも想起させられます。また色鮮やかな「ブレードランナー」の世界を踏襲しながら鑑賞するのも本作を楽しむ上で欠かせないポイントかもしれません。
    これまでの写真家 池野詩織のイメージをアップデートし、引きの強さとそれを確実にものにする決定力を兼ね備えた稀有なアーティストとして、ますます進化を続ける彼女の新たな作品世界が堪能できる一冊。

    フルカラーオフセットプリント / 80ページ / ハードカバー / 銀箔押し仕様 / 175 × 241mm / 初版500部
  • 『TURNING PAGES』- Lennard Kok
    『TURNING PAGES』- Lennard Kok
    1,080円
    最近ではApartamento Magazine × A.P.C.によるカラーリングブックを担当するなど、ユーモアを極めて洗練されたラインで表現する作風が魅力のオランダ ユトレヒト在住のイラストレーター Lennard Kokによるzine。communeでもお馴染みのアーティスト Tim Lahanへのヨーロッパからの解答ともいうべき、同タイプの作家として語られることも多い2人だが、Lennardはよりストイックで建築からの影響を感じさせるモダンな雰囲気が特徴。本作も本にまつわる様々なシチュエーションを独特のラインで描いたシニカルな内容が楽しい一冊になっている。SF Art Book Fair 2018の際にcommune Pressよりリリース。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • commune×山川 哲矢 "herbarium(2018)" ポーチ&zineセット B
    commune×山川 哲矢 "herbarium(2018)" ポーチ&zineセット B
    3,564円
    ヤマテツの愛称で知られる写真家 山川哲矢によるzine『herbarium』(2018) に収録された作品を落とし込んだ人気のポーチシリーズ2種のうちの一つ Ver.B。海外のArt Book Fairでも評価の高いzineとのセットとなります。
  • commune×山川 哲矢 "herbarium(2018)" ポーチ&zineセット A
    commune×山川 哲矢 "herbarium(2018)" ポーチ&zineセット A
    3,564円
    ヤマテツの愛称で知られる写真家 山川哲矢によるzine『herbarium』(2018) に収録された作品を落とし込んだ人気のポーチシリーズ2種のうちの一つ Ver.A。海外のArt Book Fairでも評価の高いzineとのセットとなります。
  • 『季節の記録 - Records of the Seasons』- 小幡彩貴 作品集 3rd Edition
    『季節の記録 - Records of the Seasons』- 小幡彩貴 作品集 3rd Edition
    2,160円
    Tokyo Art Book Fair 2017にてcommune Pressよりリリースされた小幡彩貴の作品集『季節の記録 - Records of the Seasons』。これまでリリースし即完売したzineなどから厳選、さらに新作を加えた季節の記録 完全版。イギリスの雑誌「MONOCLE」のイラストレーターに起用されるなど国内外で活躍中の彼女が描く、物語性豊かな日本の四季がたっぷりと堪能できる一冊。全160ページ、A5サイズ。第三版500部。
  • 『Territory-37』 - Kevin Harris (Kuato Ubiq)
    『Territory-37』 - Kevin Harris (Kuato Ubiq)
    2,160円
    2018年3月に中目黒 W+K+Galleryで開催されたArt Exhibition ”SECTOR2”で初来日し、圧倒的な世界観をみせてくれたことも記憶に新しいNYのアーティストで”SUB DOM”として音楽活動もするKevin Harris (Kuato Ubiq)によるArt Book。代名詞的作品と言える「face」シリーズや映像作品からのキャプチャーなど近作をオフセットプリントとリソプリントを交えて収録。32ページ、A4サイズ、平綴じミシン製本、初版200部。Melbourne Art Book Fair 2018の際にcommune Pressよりリリース。
  • 『herbarium』(2018) - 山川 哲矢
    『herbarium』(2018) - 山川 哲矢
    1,300円
    ヤマテツの愛称で知られる写真家 山川哲矢によるzine『herbarium』。2015年にリリースしたzine(現在はソールドアウト)と同タイトルだが、中身はライフワークとしている植物園シリーズ待望の最新作を収録した一冊。今回はリソグラフで表現された作品もあり、アップデートされた世界観が堪能できる渾身の仕上がりになっている。32ページ、A5サイズ、300部限定。新代田RRでの写真展とMelbourne Art Book Fair 2018の際にcommune Pressよりリリース。
  • 『PAUSE』- 岡田舜
    『PAUSE』- 岡田舜
    1,080円
    NY Art Book Fair 2017にてcommune Pressよりリリースされた若手日本人アーティスト 岡田舜によるzine。ファミコンをバグらせ、その映像をプロジェクターに投影してキャンバスに描いていくという、途方も無く異常な手法で、突き抜けてかっこいい油絵作品を生み出す彼の一連のシリーズを厳選収録。28ページ、限定200部。
  • 『ARTICIAL ARTIFACT VOLUME3』- Ed Davis
    『ARTICIAL ARTIFACT VOLUME3』- Ed Davis
    2,160円
    NY Art Book Fair 2017にてcommune Pressからリリースされたクリエイティブブランド「BRAIN DEAD」のEd Davisによるグラフィックブック。お馴染みのEd節全開、キレキレのグラフィックを日本の濃緑の紙にシルバー印刷で落とし込みました。表紙は一部銀箔加工、製本もシルバー糸でミシン綴じした豪華仕様。Ed自身もメンバーであるHeavy Time BooksとSupply TokyoのコラボレーションTシャツで使用されたグラフィックや、UK発出版レーベル Catalogueからリリースされた「LIBRARY PAPER 08」付属のバンダナで使用されたグラフィックも含まれている。28ページ、B5変形サイズ。
  • 『One Damn Thing After Another』- Tim Lahan
    『One Damn Thing After Another』- Tim Lahan
    2,376円
    NY Art Book Fair 2017の際にcommune Pressからリリースされたアメリカ在住のアーティスト 奇才 Tim Lahanによる作品集。これまでHeavy Time、Nieves、Draw Down、Tan&Looseなど各国の出版レーベルからリリースされてきた様々なタイプの作品や新作をジャンルごとにまとめた全世界が待ちに待った究極のBest of Tim's Bookがここに誕生。全168ページ、A5サイズ、表紙にはエンボス加工が施された永久保存版です。
  • 『SLAVE DIARY』 - James Concannon × Alex Patrick Dyck
    『SLAVE DIARY』 - James Concannon × Alex Patrick Dyck
    1,080円
    2017/5/12〜14の3日間、中目黒 みどり荘で開催されたNYを拠点に活動するアーティストJames Concannonとそのパートナー Alex Patrick Dyckによる展示『ROSE AND THE LION』にあわせてリリースされたzine。2人が4月中旬から約1ヶ月間の日本滞在中に入手した雑誌やフライヤーなどを元に制作したコラージュ作品を収録。愛、欲望、痛みというテーマで生の脆さと深い愛にフォーカスした若干ハードな内容で何社か印刷を断られた曰く付きの一冊。A5サイズ、28ページ、commune Pressよりリリース。
  • 『Wave Her』- Michelle Blade
    『Wave Her』- Michelle Blade
    1,200円
    ペインティングや彫刻、インスタレーションなど様々なアプローチで表現するビジュアルアーティスト Michelle Bladeによるzine。種の起原〜宇宙を感じるような壮大な世界観が観るものを惹きつける。最近では2016年にカリフォルニア メンローパークにあるFacebook本社の大規模な壁面ドローイングを担当したことで話題となった。Melbourne Art Book Fair 2017の際にcommune Pressよりリリース。32ページ、A5サイズ、ミシン製本、初版200部。
  • 『Dirty』- STOMACHACHE.
    『Dirty』- STOMACHACHE.
    1,080円
    新代田communeの最後の展示だったオルタナティヴ姉妹ユニット STOMACHACHE.『Dirty』展の際にリリースされたzine。様々なメディアでひっぱりだこである彼女たちの見ればすぐ分かるドローイングはもちろん、普段の仕事ではあまり見られないタイプの作品や刺繍作品、版画作品まで収録されている。今後の展開が益々期待できる必携の一冊。
    32ページ、A5サイズ、第2版200部。
  • 『BRIDGE SHIP HOUSE "Gig" / 神保賢志 "BLACK PANTY CAT"』日本語版
    『BRIDGE SHIP HOUSE "Gig" / 神保賢志 "BLACK PANTY CAT"』日本語版
    1,300円
    LA Art Book Fair 2015の際にcommune Pressからリリースされたブリッジシップハウスと神保賢志による7インチサイズのスプリットコミックzineの日本語版。communeスタッフと現地にも同行し、サイン会を行うなど高い評価を得たブリッジサイドはバンド「The Exploding Hearts」の悲劇的ストーリーから着想を得た作品を。一方、神保サイドはKING OF R&B「R.Kelly」のアルバム「Black Panties」をモチーフにした変態ガチンコ作品を収録。両者ともに己の持ち味はそのままに、新たな扉を開けるべく制作されたコンセプチュアルな完全なる勝負作。表紙カバーは特殊プリント、32ページ、A5サイズ、初版200部。日本語版は紙、内容の一部が異なります。
1

(カテゴリー内 : 19点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索