commune Press

  • 『季節の記録 - Records of the Seasons』- 小幡彩貴 作品集
    『季節の記録 - Records of the Seasons』- 小幡彩貴 作品集
    2,160円
    Tokyo Art Book Fair 2017にてcommune Pressよりリリースされた小幡彩貴の作品集『季節の記録 - Records of the Seasons』。これまでリリースし即完売したzineなどから厳選、さらに新作を加えた季節の記録 完全版。イギリスの雑誌「MONOCLE」のイラストレーターに起用されるなど国内外で活躍中の彼女が描く、物語性豊かな日本の四季がたっぷりと堪能できる一冊。全160ページ、A5サイズ、表紙にはエンボス加工が施された永久保存版。
  • 『Clay Architecture』- Lilian Martinez
    『Clay Architecture』- Lilian Martinez
    1,620円
    L.A.のブランド「bfgf」のクリエイター Lilian Martinez 日本初個展『Clay Architecture』(2017/9/29 - 10/9 at Paddlers Coffee)の際にcommune PressからリリースされたLilian Martinezの初作品集。人気のブランケットやクッションのビジュアルはもちろん、本展で日本初披露されたセラミック作品やペインティング作品、過去作品も収録。因みに最高のロケーションでの撮影や確かなブツ撮りで見る者を刺激するハイセンスな写真はLilianの夫であるDanielによるもの。32ページ、B5サイズ、限定300部。
  • 『PAUSE』- 岡田舜
    『PAUSE』- 岡田舜
    1,080円
    NY Art Book Fair 2017にてcommune Pressよりリリースされた若手日本人アーティスト 岡田舜によるzine。ファミコンをバグらせ、その映像をプロジェクターに投影してキャンバスに描いていくという、途方も無く異常な手法で、突き抜けてかっこいい油絵作品を生み出す彼の一連のシリーズを厳選収録。28ページ、限定200部。
  • 『ARTICIAL ARTIFACT VOLUME3』- Ed Davis
    『ARTICIAL ARTIFACT VOLUME3』- Ed Davis
    2,160円
    NY Art Book Fair 2017にてcommune Pressからリリースされたクリエイティブブランド「BRAIN DEAD」のEd Davisによるグラフィックブック。お馴染みのEd節全開、キレキレのグラフィックを日本の濃緑の紙にシルバー印刷で落とし込みました。表紙は一部銀箔加工、製本もシルバー糸でミシン綴じした豪華仕様。Ed自身もメンバーであるHeavy Time BooksとSupply TokyoのコラボレーションTシャツで使用されたグラフィックや、UK発出版レーベル Catalogueからリリースされた「LIBRARY PAPER 08」付属のバンダナで使用されたグラフィックも含まれている。28ページ、B5変形サイズ。
  • 『One Damn Thing After Another』- Tim Lahan
    『One Damn Thing After Another』- Tim Lahan
    2,376円
    NY Art Book Fair 2017の際にcommune Pressからリリースされたアメリカ在住のアーティスト 奇才 Tim Lahanによる作品集。これまでHeavy Time、Nieves、Draw Down、Tan&Looseなど各国の出版レーベルからリリースされてきた様々なタイプの作品や新作をジャンルごとにまとめた全世界が待ちに待った究極のBest of Tim's Bookがここに誕生。全168ページ、A5サイズ、表紙にはエンボス加工が施された永久保存版です。
  • 『SEA AND HIM』- Okataoka
    『SEA AND HIM』- Okataoka
    1,080円
    幡ヶ谷 PADDLERS COFFEEで開催されたオカタオカ個展 “SEA AND HIM”の際にリリースされたzine。ある男と犬のストーリー。それは父親の姿を追い続けるオカタオカ自身の回想録。古い写真をリソプリントし、その上から直接ペインティングした新作を含む、会心の作品集。リソプリント、20ページ、A5サイズ、初版300部。
  • 『LIVE IN TOKYO』- Clint Woodside × Dan Monick
    『LIVE IN TOKYO』- Clint Woodside × Dan Monick
    1,300円
    2017年6月にVOILLD(中目黒)で開催された展示『VINELAND』で初来日した写真出版レーベル DEADBEAT CLUB 主宰の写真家 Clint Woodside とケンドリック・ラマーやスヌープ・ドッグらのポートレイトも手がける写真家 Dan Monick の二人が滞在期間中に東京近郊で撮影した作品を収録した zine。二人の個性がここ東京でも爆発、見慣れた景色が魔法のようにフィルタリング〜トリミングされ、未聴のメロディーが奏でられたホットなライブ盤。冷めないうちに召し上がれ。SF Art Book Fair 2017 にてリリース。32ページ、限定200部。
  • 『季節の記録 -Records of the seasons-』3rd Limited Edition- 小幡 彩貴
    『季節の記録 -Records of the seasons-』3rd Limited Edition- 小幡 彩貴
    1,080円
    2015年11月に開催された「Seoul Art Book Fair (UE7)」でcommune Pressからリリースされたイラストレーター / グラフィックデザイナー 小幡彩貴によるzine『季節の記録 -Records of the seasons-』の第三版。
    2015年1月にgallery commune(東京)で開催した『季節の記録 冬展』と同年7月にNEW PURE+ Chika No Akichi(大阪)で開催した『季節の記録 ・春・夏 展』で発表した作品を中心に、春夏秋冬のシーンを巧みな構図と演出で描き出した充実作。
    32ページ、リソプリント、A5サイズ、第三版100部 (※初版と表紙作品が異なります)。

    ※こちらの第三版は2017年5月に香港のギャラリー "ODD ONE OUT"で開催された小幡彩貴 個展『DAWN』の際に限定リリースされたもので残り僅かとなります。
  • 『SLAVE DIARY』 - James Concannon × Alex Patrick Dyck
    『SLAVE DIARY』 - James Concannon × Alex Patrick Dyck
    1,080円
    2017/5/12〜14の3日間、中目黒 みどり荘で開催されたNYを拠点に活動するアーティストJames Concannonとそのパートナー Alex Patrick Dyckによる展示『ROSE AND THE LION』にあわせてリリースされたzine。2人が4月中旬から約1ヶ月間の日本滞在中に入手した雑誌やフライヤーなどを元に制作したコラージュ作品を収録。愛、欲望、痛みというテーマで生の脆さと深い愛にフォーカスした若干ハードな内容で何社か印刷を断られた曰く付きの一冊。A5サイズ、28ページ、commune Pressよりリリース。
  • 『Good Morning / おはようございます』- Andy Rementer
    『Good Morning / おはようございます』- Andy Rementer
    1,080円
    説明不要のアーティスト/イラストレーター Andy Rementerによる、絶妙なカラフルな色使いはそのままに、人間のダークサイドを曝け出すような新しいアプローチの作品で構成されたzine。日英で作品に添えられた低い温度で淡々と描かれるストーリーはAndy自身が体験した実話とのこと。初版はLA Art Book Fair 2017の際にcommune Pressよりリリースされた。32ページ、A5サイズ、第二版200部(※初版とは裏表紙の挿絵が異なります)
  • 『Wave Her』- Michelle Blade
    『Wave Her』- Michelle Blade
    1,200円
    ペインティングや彫刻、インスタレーションなど様々なアプローチで表現するビジュアルアーティスト Michelle Bladeによるzine。種の起原〜宇宙を感じるような壮大な世界観が観るものを惹きつける。最近では2016年にカリフォルニア メンローパークにあるFacebook本社の大規模な壁面ドローイングを担当したことで話題となった。Melbourne Art Book Fair 2017の際にcommune Pressよりリリース。32ページ、A5サイズ、ミシン製本、初版200部。
  • 『Orbs』- Dan Gluibizzi
    『Orbs』- Dan Gluibizzi
    1,080円
    アート&カルチャー誌 Juxtapozで特集が組まれ、当店でも人気のタブロイドzine "SEXY TIMES"へ参加するなど年々評価が高まるアメリカ ポートランド在住のアーティストDan Gluibizziによるzine。インターネットからサンプリングした画像を元に人間の顔、性器を中心に彼独特の水彩タッチによってユーモアと暖かさを兼ね備えた新たな作品表現へと昇華させている。Melbourne Art Book Fair 2017の際にcommune Pressよりリリース。36ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『1-800 WHO OOPS』- Vinnie Smith × Jen Shear
    『1-800 WHO OOPS』- Vinnie Smith × Jen Shear
    2,160円
    BRAINDEADへの作品提供や8ballでの活動で注目されるビジュアルアーティスト Jen Shearとそのパートナーで生粋のアーティスト Vinnie Smithによる次世代コラージュ作品集。LA Art Book Fair 2017の際にcommune Pressよりリリース。32ページ、A4サイズ、平綴じミシン製本、初版200部。
  • 『DAWN』- 小幡 彩貴
    『DAWN』- 小幡 彩貴
    1,080円
    zine「季節の記録 -Records of the seasons-」は初版、二版ともに瞬く間に完売。絶妙な構図と世界観で国内外から絶大な人気を誇る小幡彩貴が台湾/台北Mangasickにて2016年11月に開催した個展「DAWN」で発表した作品を収録したzine。
    深夜〜夜明けの時間帯にある人は一人で、ある人は誰かと何かを静かに考えていたであろう瞬間を描き出した。観る者にとって「いつかの夜明け」を思い起こさせる内容になっている。
    commune Pressよりリリース。20ページ、A5サイズ、こちらは初版とは表紙違いの第二版 限定200部(2017年2月リリース)。
  • 『SILENT SUN』- 池野 詩織
    『SILENT SUN』- 池野 詩織
    1,836円
    池野詩織は「シブカル祭。」のメインビジュアルやパルコのポスター / CM、Jenny Faxのコレクション撮影、その他雑誌やWebで活躍中の東京在住の写真家。2016年2月にKiliKiliVillaからリリースされたUSバンド MEAN JEANSとGEZAN、THE GUAYSによるツアーに密着した写真集「BUBBLE BLUE」では独特のエモーショナルな表現が話題となった。
    今作は近年撮りためた作品の中から、根底にある熱い想いを内包した静謐なムードの作品がセレクトされており、ネクストステージへの期待が高まる一冊となっている。Tokyo Art Book Fair 2016、NY Art Book Fair 2016にてcommune Pressよりリリース。
    40ページ、B5サイズ、表紙PP加工、初版200部。
  • 『QUILT BLOCK PAINTINGS / キルトブロック』- B.Thom Stevenson
    『QUILT BLOCK PAINTINGS / キルトブロック』- B.Thom Stevenson
    2,484円
    LAの人気クリエイティブブランド "BRAIN DEAD" や写真家 Coley Brown主宰 "SILENT SOUND BOOKS" への作品提供、コペンハーゲンのV1 GALLERYでの展示で評価が高まるNYはブルックリン在住のアーティスト B. Thom Stevenson。
    今回は9つの作品を1つのパネルにはめた集合体である最新作 "QUILT BLOCK" シリーズを落とし込んだ待望の作品集。Tokyo Art Book Fair 2016、NY Art Book Fair 2016にてcommune Pressよりリリース。
    36ページ、257mm×199mm、表紙スペシャルエンボス加工、リソプリント、初版200部。
  • 『Onto, Into, Unto』- Tim Lahan
    『Onto, Into, Unto』- Tim Lahan
    1,080円
    メルボルンアートブックフェア2016の際にcommune Pressからリリースされたアメリカ在住のアーティスト 奇才 Tim Lahanによるzine。Draw Down(US)やTan&Loose(US)、Heavy Time(AUS)など錚々たるレーベルからzineをリリースしてきたTim。重りやゴミ袋、岩、フェンスと次々と常人とは異なる切り口で作品を発表してきた彼が次に選んだモチーフは、、"線"。
    『Onto, Into, Unto』と題された本作は、線が自由自在に行き来し、とんがったり、まるまったり。時には重力を感じ、互いに影響を及ぼしあう。
    想像力を激しく刺激するTimらしさ全開のアイロニカルでエロティシズムさえ感じる作品集がここに誕生。人気USインディーバンド Real Estateのツアービジュアルに使用された作品も収録!
    A5、28ページ、初版200部。
  • 『慶 / KEI - Deluxe Edition』- 山根 慶丈
    『慶 / KEI - Deluxe Edition』- 山根 慶丈
    2,160円
    初版、二版ともに瞬く間に完売し、その後も問い合わせの声が後を絶たない、2015年にcommune Pressからリリースされた山根慶丈によるzine『慶 / KEI 』がこの度バージョンアップして帰ってきた。未収録作品や新作、計9点とオリジナル『慶- KEI』収録作品(*一部除く)がミックスされ、サイズもB5版にサイズアップ!表紙はPP加工の豪華版。初版、二版を持っている方も充分楽しめる内容となっている。
    38ページ、B5サイズ、表紙PP加工、限定500部。
  • 『GARDEN』- Aika Hirano
    『GARDEN』- Aika Hirano
    1,080円
    メルボルンアートブックフェア2016の際にcommune Pressからリリースされたアーティスト Aika Hiranoによるzine。2016年4月には新進気鋭のアパレルブランド「BANZAI」のAW Collection -APOPHENIA-に作品を提供し、話題を呼んだ今注目のアーティスト。これまでの膨大な作品の中から"GARDEN"をテーマに選りすぐった作品を収録した彼女としては初のzine。様々な手法やモチーフで構築された作品からは彼女の幅広く研ぎ澄まされたセンスが窺い知れる。
    A5、36ページ、初版200部。
  • 『tenten』- 山川 哲矢
    『tenten』- 山川 哲矢
    810円
    LA ART BOOK FAIR 2016の際にcommune Pressよりリリースされた"ヤマテツ"の愛称で知られる写真家 山川哲矢のzine。光の反射や屈折などアブストラクトなイメージで展開される世界は、遥か彼方の銀河系に存在する惑星のようで、私達の想像力を刺激する。20ページ、A6サイズ、限定200部。
  • 『at shallows』- 山川 哲矢
    『at shallows』- 山川 哲矢
    810円
    LA ART BOOK FAIR 2016の際にcommune Pressよりリリースされた"ヤマテツ"の愛称で知られる写真家 山川哲矢のzine。自然のしなやかさと力強さを色彩と光で捉えた一冊。20ページ、A6サイズ、限定200部。
  • 『OMAWARI』- 山根 慶丈
    『OMAWARI』- 山根 慶丈
    702円
    山根慶丈 海外初個展となった台湾 Mangasickでの『迫り来る逆境に捧ぐ』巡回展の際にリリースされたmini zine。
    警察官を描くことにハマっているという山根の「OMAWARI」ドローイング集。
    12ページ、A6サイズ、限定500部。
  • 『YOU HAVEN'T GONE BUT I MISS YOU』- Sannah Kvist
    『YOU HAVEN'T GONE BUT I MISS YOU』- Sannah Kvist
    1,300円
    スウェーデンの写真家 サンナ・クヴィスト写真展 『Det här ska jag också glömma (この私も忘れてしまう)』にあわせてリリースされた 2部作のzineのうち「死」をテーマに制作された part2。タイトル『YOU HAVEN'T GONE BUT I MISS YOU』はThe Lucksmithsの"Self Preservation"という歌の歌詞からとったものであり、またSannah本人のハンドライティング。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『Det här ska jag också glömma (この私も忘れてしまう)』- Sannah Kvist
    『Det här ska jag också glömma (この私も忘れてしまう)』- Sannah Kvist
    1,300円
    スウェーデンの写真家 サンナ・クヴィスト写真展 『Det här ska jag också glömma (この私も忘れてしまう)』にあわせてリリースされた 2部作のzineのうち「生」をテーマに制作された part1。タイトルロゴはデザイナー惣田紗希によるデザイン。32ページ、A5サイズ、第2版200部。
  • 『TOKYO diary』- Margherita Urbani
    『TOKYO diary』- Margherita Urbani
    1,080円
    2015年9月に開催された「TOKYO Art Book Fair」と「NY Art Book Fair」でcommune Pressからリリースされたイタリア生まれのアメリカ在住イラストレーター マルゲリータ・ウルバニによるzine『TOKYO diary / 東京日記』。2015年5月のアンディー・リメンター日本初個展の際、アンディーと共に初来日した彼女が東京での日々をドローイングで綴った観察日記。TOKYOが彼女独自の視点でユーモラスに描かれている。 
    44ページ、A5サイズ、スペシャルプリント仕様、第2版200部。

    ※NY Art Book Fairのメディアスポンサーである「Hyperallergic」 をはじめ、「Need Supply Co.」、「rikumo」のサイトで取り上げられました。


  • 『DRAWINGS / ドローイング』- Andy Rementer
    『DRAWINGS / ドローイング』- Andy Rementer
    1,080円
    2015年4月に開催したアメリカのアーティスト Andy Rementer(アンディー・リメンター) 個展 『TOGETHER/共に』の際にcommune Pressよりリリースされた全て新作を収録したzine。「ドローイング  アンディーリメンター」のカタカナはAndyによるタイポグラフィー。28ページ、7inchサイズ、スペシャルプリント仕様、第2版200部。
  • 『Inevitable Moment』- 江崎 愛
    『Inevitable Moment』- 江崎 愛
    1,300円
    2015年9月に開催された「TOKYO Art Book Fair」と「NY Art Book Fair」でcommune Pressからリリースされた写真家 江崎愛のzine。『Inevitable Moment = 必然的な瞬間』と題され、夏をテーマに制作された今作。彼女ならではの視点から切り出されたシーンの数々はこれまでのBest of Bestとも言える充実した内容に仕上がっている。
    32ページ、A5サイズ、初版200部。


    ”Inevitable moment” 必然的な瞬間

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人生というものは少し難しくて、
    なかなか自分の思うように進まない。
    しかし写真を撮ることによって全て肯定となり、
    悩みのタネだった物事が愛しい存在になる。
    それは不思議なことだけど、必然的なのである。


    Life is a bit hard and
    almost never be what I want it to be.
    However, once I take photos,
    All the shit becomes precious
    and everything gets positive.
    It seems weird, but it is inevitable.
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • 『Dirty』- STOMACHACHE.
    『Dirty』- STOMACHACHE.
    1,080円
    新代田communeの最後の展示だったオルタナティヴ姉妹ユニット STOMACHACHE.『Dirty』展の際にリリースされたzine。様々なメディアでひっぱりだこである彼女たちの見ればすぐ分かるドローイングはもちろん、普段の仕事ではあまり見られないタイプの作品や刺繍作品、版画作品まで収録されている。今後の展開が益々期待できる必携の一冊。
    32ページ、A5サイズ、第2版200部。
  • 『慶 / KEI』- 山根 慶丈
    『慶 / KEI』- 山根 慶丈
    1,080円
    2015年6月にgallery communeで開催した山根慶丈 個展『迫り来る逆境に捧ぐ』の際にリリースされ、早々に完売したzineの2nd Edition。
    近作を中心に、ラフスケッチまで網羅したファン垂涎の内容。
    32ページ、A5サイズ、第2版200部。
    ※2nd Editionは1st Editionと1箇所収録作品が異なります。
  • 『it's alright』- Luke Best & Laura Carlin
    『it's alright』- Luke Best & Laura Carlin
    1,080円
    世界的に有名なHeart Agencyに所属する、イギリスを代表するアーティスト ルーク・ベストとローラ・カーリンの日本初の二人展開催の際にcommune Pressからリリースされたzine。そこに行き着いた彼らだからこそ表現できる、様々な深みある作品が収録された充実作。
    32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『BRIDGE SHIP HOUSE "Gig" / 神保賢志 "BLACK PANTY CAT"』日本語版
    『BRIDGE SHIP HOUSE "Gig" / 神保賢志 "BLACK PANTY CAT"』日本語版
    1,300円
    LA Art Book Fair 2015の際にcommune Pressからリリースされたブリッジシップハウスと神保賢志による7インチサイズのスプリットコミックzineの日本語版。communeスタッフと現地にも同行し、サイン会を行うなど高い評価を得たブリッジサイドはバンド「The Exploding Hearts」の悲劇的ストーリーから着想を得た作品を。一方、神保サイドはKING OF R&B「R.Kelly」のアルバム「Black Panties」をモチーフにした変態ガチンコ作品を収録。両者ともに己の持ち味はそのままに、新たな扉を開けるべく制作されたコンセプチュアルな完全なる勝負作。表紙カバーは特殊プリント、32ページ、A5サイズ、初版200部。日本語版は紙、内容の一部が異なります。
  • 『午後4時のステップ』- 松尾モノ / 立山柚子
    『午後4時のステップ』- 松尾モノ / 立山柚子
    1,200円
    注目のイラストレーター 松尾モノと立山柚子。テイストの異なるタッチの2人が多くの時間を共にし、様々なことを語り合った場所 “commune”に捧ぐ展示「午後4時のステップ」(2015.4.3 - 4.8)の際にリリースされたzine。展示にあわせて書き下ろされた作品を両面スプリットにて完全パッケージ。貴重な合作や親交のある雲田はるこ、ばるぼらによる寄稿文も収録し、帯まで付いた豪華仕様。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『You are Diamond』- Hori b.Goode
    『You are Diamond』- Hori b.Goode
    1,300円
    台湾出身のイラストレーター/クリエーターであるHori b.Goodeの日本初個展を記念して制作されたzine。今は生産中止となった車の塗装用の特別なスプレーを用いて制作された、予測不能で美しい輝きに満ちた独特の作品が収録。台湾で制作されたポリ塩化ビニールカバーで覆われた特殊仕様。commune Pressからリリース。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『街のゆくえ』- 惣田 紗希
    『街のゆくえ』- 惣田 紗希
    1,300円
    2014年9月にgallery communeで開催された惣田紗希 個展「街のゆくえ -the sight of town-」の際にcommune Pressよりリリースされたzine。今作は彼女の特徴である独特の線画だけでなく、水彩画を取り入れる事によって表現力が格段に高まった。展示ではzineに収録された作品の原画はもちろん、アクリル作品やアニメーションも披露された。32ページ、A5サイズ、第2版200部(初版とは表紙違い)
  • 『herbarium』- 山川 哲矢
    『herbarium』- 山川 哲矢
    1,300円
    2015年2月に当ギャラリーで開催された山川哲矢 写真展 「herbarium」。その開催を記念してcommune Pressよりリリースされたzine。親しみやすいキャラクターと的確な洞察力で主にミュージックシーンで才能を発揮している彼が、ライフワークとしている植物園で撮り続けた作品が収録されている。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『STUFFED HEADS』- Okataoka
    『STUFFED HEADS』- Okataoka
    1,080円
    幼少期にボーイスカウトで得た経験を色濃く反映した作品を中心に新作を一挙公開した2014年8月の個展『STUFFED HEADS』at gallery communeの際にリリースされたzine。2013、2014年の作品や門外不出のラフ、初個展時の作品も掲載した日々進化する彼を知る上で欠かせない一冊。commune Pressよりリリース。32ページ、A5サイズ、第2版200部(初版とは表紙、エンドクレジットの自画像が異なる)

  • 『OUR MUSIC HOUR』- 玉川 桜 & 玉川 ノンちゃん
    『OUR MUSIC HOUR』- 玉川 桜 & 玉川 ノンちゃん
    1,080円
    玉川桜×玉川ノンちゃん二人展『OUR MUSIC HOUR』展 開催を記念してcommune Pressよりリリースされたzine。姉妹の新旧の作品からラフスケッチまでを掲載した見応えたっぷりな一冊。32ページ、A5サイズ、初版200部。
  • 『Room and Life』- ちえちひろ (with postcard)
    『Room and Life』- ちえちひろ (with postcard)
    1,080円
    2014年5月にgallery communeで開催された佐賀の姉妹ユニット ちえちひろ個展「Room and Life」の際にcommune Pressからリリースされたzine。彼女らの持ち味である"甘さ"をあえて排除した作品集。佐賀で暮らす彼女らが描く日本の豊潤な自然。つい郷愁にかられてしまう。
    32ページ、A5サイズ、第2版100部限定。

  • zine『Silver Screen』 - 箕輪 麻紀子
    zine『Silver Screen』 - 箕輪 麻紀子
    1,080円
    イラストレーター 箕輪麻紀子 初個展『Silver Screen』開催を記念してcommune Pressで制作したzine。お気に入りの映画からインスパイアされた彼女なりの描写、視点がここに。その瞬間の儚さや懐かしさが込められた展示作品を中心に、珠玉の作品を収録。32ページ、A5サイズ、初版200部。
1

(カテゴリー内:39点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索